ご依頼の前に

ご自身で起こし作業を経験されたことがある方はご存じかと思いますが、録音された音声を文章にするのは、簡単なようで難しいことです。

ただ起こせばいいというものではありませんし、お客さまによっては目的も違いますから、起こし方を変えていかなければいけません。

当事務所では、お客さまが最終的にどのような形で使われるのかを考えながら作業を進めていきたいと思います。 できましたら、お話しできる範囲内で結構ですので、録音内容の説明、その後どう使われるかをお知らせください。

研究データとして使いたいのなら、一字一句発言どおりに起こします。
冊子にまとめるために使いたいのなら、不要な発言部分を取り除き、多少文末などを整えます。
インタビュー記事として使いたいのなら、話し手の語り口を生かし、不要な部分のみ取り除きます。

そして、お客さまが聞こえない録音箇所は、私のほうでも聞こえないことが多いと思います。
(これは「お願いごと」も併せてご覧ください)

申し訳ありませんが、音声をクリアに機材は持ち合わせておりません。 持ってはおりませんが、今までの経験を生かし、聞こえない箇所を埋める努力を最大限させていただきます。

納品した原稿がお客さまのお役に立ちますように……。